気になるベビーシッターの年収

気になるベビーシッターの年収 保育士や幼稚園教諭の年収というのは割と知られていますが、ベビーシッターはどうなのでしょうか。
まだまだ知られていないのではないでしょうか。
ベビーシッターは基本的に派遣社員やパート、アルバイトとして勤務することが多いですので、月給制ではなく時給制です。
だいたい時給の相場は1000から1400円くらいとされています。
時給1400円、勤務時間9時間の休憩1時間で週休2日だと考えて計算すると、ひと月当たり約224000円、年収に換算すると約260万円になります。
これはかなり良いように計算した結果です。
実際はアルバイトの人は週5日も働くとは限りませんし、時間ももっと短いかもしれません。
保育士や看護師の資格も保持していると時給アップに繋がるので、これくらいになる可能性もありますが、実際は生計を立てるのは難しいとも言われています。
正社員の場合は、月給16万から22万と言われており、これは夜間勤務なども含まれています。
また、給与以外にも正社員の場合は各種手当がつきます。
給料自体は保育士や幼稚園教諭と然程変わりはありません。
個人で開業しフリーランスとして働けば、もっと給与を上げることも出来る可能性はあります。
ベビーシッターの年収は、勤務形態によって異なると言えます。

ベビーシッターにボーナスはあるのか

ベビーシッターにボーナスはあるのか 女性の社会進出が盛んになってきた現代では、ベビーシッター重要性は増してきています。
子供の世話をして、その子の成長をサポートするのが主な仕事内容となっています。
また子供の面倒を見るだけでなしに、保護者との連携も必要となってくる側面も多々あります。
ベビーシッターの平均年収を考えてみますと、あらゆる職業の平均年収からは目立って少ない費用となっているのが現実であると言わなければなりません。
さらにベビーシッターの場合は派遣としての雇用形態が多いとされていて、ボーナスがないことが通例となっております。
もちろん、企業の正社員として採用されている場合は、雇用契約でボーナスが定められている場合は支給されるのは言うまでもありません。
昇給に関しても、派遣の場合は時給計算ですので、大幅な昇給を期待することはできません。
ベビーシッターが果たしている役割の重要性を考えれば、本来はもっと優遇されてしかるべきではありますが、これが現状です。