ベビーシッターに向いている人の特徴はまず子供好きな事です。
子供が苦手だったり嫌いだったりする人には向いていません。
言う事聞かない子や乱暴な子にも、他の子と同じように接しなければいけません。
また単に預かるのではなく、子供が怪我しないように常に注意することができて、危険な事を子供がしていたらしっかり注意ができる事も大切です。
報酬だけのためではなく、誰かの役に立ちたいと思っているホスピタリティ精神のある人が、このベビーシッターの言う仕事には向いています。

ベビーシッターに向いている人の特徴

ベビーシッターに向いている人の特徴 ベビーシッターに向いている人の特徴は、まず一番大切なのは子供好きな事です。
子供の相手が苦手だったり嫌いだと感じている人には向いていません。
自分の子供や親族だけでなく、全ての子供に分け隔てなく温かい視線で見守る事のできる人が、ベビーシッターに向いています。
子供の中には大人のいう事を聞かない子や乱暴な子もいますが、そんな子供に対しても自分の子や聞き分けが良くお世話しやすい子供と同じように接する必要があるのです。
子供を預かるうえで何よりも大切なのは、子供に怪我をさせない事です。
子供が危険な事をしていないか常に注意を払わなければいけませんし、危険な事をしていたら注意する必要があります。
お金などの報酬だけのために預かるのではなく、誰かの役に立ちたいと思っている人がベビーシッターに向いています。

ベビーシッターの役割は子守だけ?

ベビーシッターの役割は子守だけ? ベビーシッターの役割は子守だけではありません。
預かる子供の年齢も生後間もない赤ちゃんから12歳ぐらいまでの子供の保育や世話をすることが仕事ですので、どのようなことをしてほしいのか要望を伝えれば、ある程度のことを行ってくれます。
赤ちゃんでしたら、おむつ替えやミルクを与えたり、あやしたりするなどがメインになりますが、子供が少し大きくなれば一緒に遊んであげたり、保育園の送迎や宿題などの勉強をさせることなども、あらかじめ要望としてお願いしておけば仕事としてこなしてくれます。
最近では乳幼児以外にも小学生の子供を持つ家庭でもベビーシッターを雇うことがありますので、塾への送迎や学校から帰ってきたらおやつを与えてくれるなどのお世話も依頼することが出来るでしょう。
他にも家事代行サービスも合わせて行ってくれるベビーシッターもいますので、共働き家庭の場合、食料品や日用品の買い出し、お風呂やトイレ掃除、洗濯の取り込み、夕食の支度なども仕事としておこなってくれますので、仕事から帰ってきたらすべてのことが終わっている状態なのでとても助かることでしょう。
他にも病気になってしまった子供の世話や保育をしてくれる病児専門のベビーシッターもあります。